手拭い こもれび (てぬぐい こもれび)

手拭い こもれび (てぬぐい こもれび)

手拭い こもれび (てぬぐい こもれび)

日本で古くから使われている日用品のひとつ、手ぬぐい。
この木綿でできた薄手の布は、赤ちゃんから大人まで、
色々なところで使われてきています。

<<手ぬぐいの使用例>>
・赤ちゃんの沐浴布として
・食卓のランチョンマットとして
・手ぬぐいにカイロを巻いて首巻きとして
・2枚あわせて暖簾として
・キーボードの埃よけとして
・外国の方へのおみやげとして …など

もちろん、本来の顔や手を拭ったり、体を洗ったりという
用途もありますし、包んだり、被ったり何でもあり。
綿布なので肌触りもよく、薄手なので乾きも早いと
1枚で何役もこなす使い勝手のよい布です。

この「こもれび」は、
森林などの木立ちから太陽の日差しが漏れる、木洩れ日をイメージした柄です。

この手拭いは「細川染め」という注染の工程で二枚以上の型紙を使って染める技法を使っています。ひと型ごとに洗いから乾燥までを行うため、柄のはめ込みや色の調整など、高度な技術が必要な染め技法です。江戸時代に九州の細川家が諸事に慎重なのにちなみ,2度繰り返すところから名付けられたといわれています。

商品仕様
素材 綿100%
サイズ 約37×約90cm
洗濯方法 手洗い
製造 日本製
※ご注意 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。
お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。

※ご注文いただいてから、お届けに1週間ほど、お時間をいただきます。

戸田屋商店

明治5年(1872年)創業、140年以上の老舗の手ぬぐい製造卸問屋です。
梨園染の名称で江戸の粋を製品にしています。
梨園染の手ぬぐいは、伝統工芸の〔注染〕という技法を用い
「伝統的な職人技」と「日本のいま」を染め上げた、こだわりの手ぬぐいです。

デザインにこだわり、手作りにこだわり、生地にこだわる。
日本に古くから伝わる手ぬぐいの良さを今に広めています。
戸田屋商店 手ぬぐいが出来るまで

販売価格 1,650円(税込)
型番 1322

カテゴリーから探す

コンテンツ

営業日カレンダー

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

モバイルショップ

ショップについて

たのしくらし.com 手ぬぐい店

当店は、赤ちゃんから大人まで、みんなで使える便利な「手ぬぐい」専門の通販店です。伝統工芸の〔注染〕という染めの技法を用いて、かわいい柄から古典柄まで、豊富なデザインが好評の手ぬぐいです。